Polynesian Voyaging Society

ライフスタイル

私たちHōkūle‘a およびHikianaliaはポリネシアンの航海術を使って地球をもっと持続維持できる住みやすい場所にすべく国際活動を行っています。 私たち航海士たちは星や波、鳥の動きを観察しながら伝統的な航海技法を使って太平洋を航海しています。太平洋地域の人々はその昔、このような手法を習得し太平洋を航海、探検していたと言われています。 私たちPolynesian Voyaging Societyは、600年以上前に失われつつあった航海技術や知識を研究し、その技法を証明しました。

 

そして過去39年間に渡り、ハワイの故郷である太平洋の島々を訪れ、225,308kmの距離を航海してきました。それらの航海ではハワイに関係のある日本や、ニュージーランド、サモアも訪問しました。

 


 

NPO団体の概要

 

紹介映像

 

 

 


ミッション

私たち、Polynesian Voyaging Societyは伝統航海術を継承するため、ポリネシアン航海の芸術性と科学的見解に理解を得るための啓蒙活動を行っています。次世代を担う青少年やコミュニティーに、自然や文化に敬意をはらう重要性を教育することを使命としています。


ビジョン

私たちの母なるハワイは、愛すべき大地と海にあり、人々が健康で安全に暮らしている場所です。75,639kmの大海原を駆け巡る世界航海を行うことで、次世代に受け継ぐべき大切な地球を守る努力を啓蒙しています。この航海を通じて、伝統と技術の融合の大切さを伝え、より多くの人々に我々の価値感や教訓を分かち合い、持続力のあるより住みやすい地球にしたいと思う人々が増えることを望んでいます。


基本理念

CLOVE(海への愛)

  • Culture(文化)
  • Leadership(リーダーシップ)
  • Ocean Conversation(海とのつながり)
  • Voyaging(航海)
  • Education(教育)

目的

この航海の名称は、ハワイ語では ”Mālama Honua(地球を愛する)”ということを意味します。Mālama Honuaでは世界の26カ国、85カ所に寄港し、総距離75,639kmを航海します。この航海で多様な文化や貴重な自然を紹介しつつ、またそれらを保護することの大切さを伝えていきます。この航海を通じて、子供たちの未来のために文化や環境保護に努め、人々の繋がりの大切さを唱えます。 2013年、Mālama Honuaの世界航海はMālama Hawaiʻi船とともにハワイ諸島から始まり、世界を一周し、つぎの新しい航海士に Hōkūle‘aとHikianaliaを引き継ぎながら、2017年まで続きます。


関連資料

L1 WWV MAP:MĀLAMA HONUA 世界航海図

L2 WWV Statistics:ホクレア号とヒキアナリア号

Press Kit Sail Plan:2014年~2017年の航海プラン

R2 PVS WWV Mission Vision Values:世界航海ビジョンとミッション

R4 PVS Timeline:38年間の航海記録

お問い合わせ
TEL
(808)842-1101
E-MAIL
help@pvshawaii.org
URL
http://www.hokulea.com/
メンバー登録してアロハプログラムを楽しもう!

ハワイについて学ぶならまずはメンバー登録がおすすめ!