作文紹介

Hāpu'u(ハープウ)上級
過去に出題された
作文問題の文章例をご紹介します!

過去にどのような問題が出題されたかをチェックして、
次回の上級検定に備えましょう。

作文のテーマ
共通
2022 02 出題

ハワイの2月は「Mahina ʻŌlelo Hawaiʻi」ハワイ語月間に制定されています。
ハワイ王国が消滅して米国の一部となったハワイでは英語が公用語になり、ハワイ語を話すことが禁じられた時代がありました。失われかけたハワイ語がハワイの公用語として認められたのは44年前の1978年。そしてハワイ語復興を目指して数人の言語学者が集まりハワイ語で教育する学校が設立され、現在ではハワイ語を喋る人口は増えています。そのような歴史背景から2月は「Mahina ʻŌlelo Hawaiʻi」ハワイ語月間として制定されています。
今回は以下、①と②のどちらかのテーマについて答えてください。
①あなたの好きなハワイ語を教えてください。またそのハワイ語が好きな理由を教えてください。
②「ハワイ語月間」の様に、あなたが残したいと思う日本文化、伝統、慣習から新たな「●●月間」を考えてください。それは何月に設定され、残したい理由、どのような思いが込められているかなど教えてください。
 

01
I・Z さま

好きなハワイ語は沢山ありましたが、今一番大切にしている言葉は『Lei Aloha』です。 ハワイ語は愛や絆を伝える言葉が多いように思います。 そういった言葉がいいなと思っていて、2年前に子供が産まれ『Lei』と名付けました。 みんなに愛されている、大事な存在であるというのが由来です。 この言葉がとても好きに、大切になりました。 子供の名前をハワイ語を由来にしたこともあり、残していくために身近でできることを考えますが 日常でハワイ語を話したり周りに伝えるのはやはり難しいです。 ですがSNSの時代、簡単に検索できるからこそ、簡単な言葉だけでもハワイ語でSNSに一文書くだけで どういう意味かな?と、そこから検索し、興味を持つ人が増えると思います。 クリスマスの時にMele Kalikimaka!と書くとどういう意味?とコメントが来ていて ハワイ語を知らない方が興味を持ってくれたと嬉しかったのを覚えています。 興味を持つ人が増えれば、ハワイ語を勉強する場も増えるのかなと思います。 自分自身、影響は小さくてもひとりでも多くの人にハワイには英語でなく、ハワイ語があることを伝えたいです。

メンバー登録してアロハプログラムを楽しもう!

ハワイについて学ぶならまずはメンバー登録がおすすめ!