本サイトは、IE10以上、Chrome最新版、Firefox最新版での閲覧を推奨しています。
バージョンの古いブラウザをご利用の場合、正常に閲覧、操作をできない場合がございますので、ブラウザの無料バージョンアップを強くお勧めします。

最新版のInternet Explorerのダウンロードはこちら
最新版のGoogle Chromeのダウンロードはこちら
最新版のFirefoxのダウンロードはこちら

ハワイを知る

ハワイの旬な情報

第41回プリンス・ロット・フラフェスティバル、今年もイオラニ宮殿で開催18.03.14

モアナルアガーデン財団(MGF) がフラの新たな伝統を推進するため、
第41回プリンス・ロット・フラフェスティバルを今年もイオラニ宮殿で開催

モアナルアガーデン財団 (MGF) は、2018年7月21日(土) の午前9時から午後4時までと、翌22日(日) の午前10時から午後3時まで、二日間にわたり、「カ・ハノハノ・オ・カメハメハ・・・カメハメハの栄光」と題して、「プリンス・ロット・フラフェスティバル」の第41回を今年もイオラニ宮殿で開催します。

 

これはハワイの非競技フラフェスティバルの中では最大規模で、かつて禁止されたフラを復活させ、1863年から1872年にかけてカメハメハ5世として世を治めたロット・カプアイワ王子を称え、毎年開催されているものです。

※フェスティバル開催中、イオラニ宮殿の入場料は無料となります。

 

1978年、ハワイ社会へ捧げる催事としてMGFにより創始されたプリンス・ロット・フラフェスティバルは、毎年ハワイ内外から数多くの来場者を迎えています。今回、オープニングセレモニーでは、カメハメハの王室伝来の儀式と、MGFの最高栄誉であるマリア・カウ賞をナ・クムフラ・ナラニとプア・カナカオレ氏に授与するセレモニーに続き、名だたるフラハラウがラインナップし、カヒコと呼ばれる古典フラやアウアナと呼ばれるモダンフラのパフォーマンスを次々と披露します。

 

ハワイの主要な島々のフラハラウはもちろんのこと、州外に展開するハラウの支部でクム(師範)の教えを受けているダンサーたちも参加する予定です。

 


日曜日の7月22日には、プログラムの冒頭で祈祷者であるカレナ・シルバ氏にナマカヘル・オリ賞の授与を行います。また、会場ではハワイをテーマとしたクラフト展や文化的なデモンストレーションなどもお楽しみ頂けます。

 

当日は、ハワイのローカルフードや軽食を終日販売するほか、限定版Tシャツやお土産用のコクア・バッジも販売。その売り上げは、大会開催の費用に充てられます。

 

 

ハワイ在住者はもちろんのこと、観光客の方々も大歓迎。

ビーチチェアやビーチマットなどをご持参のうえ、イオラニ宮殿の素晴らしい環境の中で、数々の催しやローカルフードをお楽しみ頂けます。

※商用目的の写真撮影はお断りしています。

 

 

1970 年に非営利団体として設立されて以来、モアナルアガーデン財団 (MGF) は、カマナヌイ (モアナルア) 渓谷にまつわる教育と資産管理、イオラニ宮殿でのプリンス・ロット・フラフェスティバルの開催を通して、ハワイ古来の文化や環境を保護し、存続させることを使命としています。
MGFは、助成金や寄付金を大会開催の費用に充てています。

 

また、当フラフェスティバルには、ハワイ・ツーリズム・オーソリティをはじめ、ハワイ州文化芸術財団(State Foundation on Culture and the Arts)、ハワイ関連業務局(Office of Hawaiian Affairs) 、ホノルル市、イオラニ宮殿、ハワイアン航空、マトソン・ナビゲーション、パシャ・ハワイ、ファースト・ハワイアン銀行、ハワイ観光局(Hawaii Visitors and Convention Bureau)、オアフ観光局(Oahu Visitors Bureau)、ザ・ホノルル・スター・アドバタイザー、ミッドウィーク、オレロ・コミュニティー・メディア、アージェントケア・ハワイ他、数多くの企業や団体がスポンサーとして参加しています。