本サイトは、IE10以上、Chrome最新版、Firefox最新版での閲覧を推奨しています。
バージョンの古いブラウザをご利用の場合、正常に閲覧、操作をできない場合がございますので、ブラウザの無料バージョンアップを強くお勧めします。

最新版のInternet Explorerのダウンロードはこちら
最新版のGoogle Chromeのダウンロードはこちら
最新版のFirefoxのダウンロードはこちら

Bishop Museum

Hawaiian History & Culture

カメハメハ王家と深いつながりをもつ博物館であるビショップ・ミュージアムは、ホノルル郊外にあるハワイ州最大の博物館です。設立は日本が近代国家への扉を開いたばかりの明治時代、1889年にさかのぼります。カメハメハ王家最後の直系子孫であるバニース・パウアヒ王女が亡くなり、夫であるチャールズ・リード・ビショップ氏がその追悼のために設立したものです。 ミュージアムは当時、ハワイの子供たちの教育を目的としてパウアヒ王女が築いたカメハメハ・スクールの敷地内に建てられました。そして1960年代にカメハメハ・スクールが丘の上に移転した後、ビショップ・ミュージアムは拡張を重ね、パシフィック・ホールとハワイアン・ホールを中心とした壮大なスケールの博物館へと発展しました。敷地のはずれには、カメハメハ・スクール当時の建物、ビショップ・ホールが現在も残されています。

  • ビショップ・ミュージアム

  • ハワイアン・ホール

  • サイエンス・アドベンチャー・センター

  • プラネタリウム

NPO団体の概要

ミッション

ハワイの子供たちの教育を目的に作られたカメハメハ・スクールに発するビショップミュージアムはその意思を今なお受け継ぎ、ハワイの伝統文化への誇りをより深めるための教育の場として機能しています。 また、太平洋地域における自然史、文化史の主要研究機関であり、その研究と教育プログラムは世界的に広く認められています。

ビジョン

私たちは全ての人々がハワイの文化遺産と自然の歴史を理解し、尊び、それらの知的財産を活かす未来を構想しています。

基本理念

設立当初、ビショップミュージアムのコレクションは、ハワイの美術工芸品とパウアヒ王女が相続した王家伝来の美術工芸品を収集したものでした。そして現在では、ハワイと太平洋諸島ポリネシア全域の文化に関する美術工芸品、文献、写真など、その数は2500万点を超える世界的にも価値の高い貴重な コレクションとなっています。

目的

ビショップミュージアムは、地域のニーズと期待に応え、卓越した、継続的な改善をしています。コレクションは、最高の方法で収蔵され、ハワイと世界がその価値への理解を深められるよう維持しています。知的財産であるビーショップミュージアムは、ハワイ独自の文化遺産と自然環境を学ぶために人々が集まる拠点となるでしょう。また持続可能な経営のために、活動を継続的に支える資金が必要です。

日本語オーディオガイドツアー:
お手持ちのスマートフォンでハワイアンホール本館内40箇所の展示物について、オーディオガイドをご視聴いただけます。

  1. お手持ちのスマートフォンをご用意ください。
  2. 無料wifiスポット「MUSEUMguest」に接続。
  3. QRコード読み取りアプリで館内のコードをスキャンして視聴するか、ビショップミュージアムの公式ウェブサイトbishopmuseum.orgに行き、Mobile Audio Toursへ。視聴したい言語を選択します。(日本語、ハワイ語、中国語、韓国語、英語)その後、オーディオガイドを視聴したいスポットの番号を選択します。文字による表示選択も可能です。ご不明な点はスタッフまでお尋ね下さい。

日本語プラネタリウム:
午後1時から、25分のプラネタリウムを鑑賞できます。ハワイアンの祖先たちは羅針盤も地図も使わずに広大な太平洋を渡り、新天地ハワイに移住してきました。星をコンパスにしながら海原を渡ったポリネシア人たちの物語をご覧いただけます。

日本語ガイドツアー:
入館料にはプラネタリウム、サイエンスセンター、館内ツアー、及び特別展示などが含まれます。
 大人:22.95ドル
 子供(4~12歳):14.95ドル
 シニア(65歳以上):19.95ドル
 ※4歳未満は無料です。

このプログラムは、毎日午前10:30、11:30、13:30、14:30から開催されています。全て入館料に含まれていて、予約は不要ですので、指定の時間に本館1入口に直接お集まりください。ハワイ王朝の歴史や展示物をご紹介いたします。

お問い合わせ