本サイトは、IE10以上、Chrome最新版、Firefox最新版での閲覧を推奨しています。
バージョンの古いブラウザをご利用の場合、正常に閲覧、操作をできない場合がございますので、ブラウザの無料バージョンアップを強くお勧めします。

最新版のInternet Explorerのダウンロードはこちら
最新版のGoogle Chromeのダウンロードはこちら
最新版のFirefoxのダウンロードはこちら
  •  
  • 活動報告
  • 【2016年11月】ハワイスペシャリスト検定ハープウ(上級)作文

活動報告

【2016年11月】ハワイスペシャリスト検定ハープウ(上級)作文

  • 上級作文紹介
  • 2017.01.11

2016年11月 ハワイスペシャリスト検定ハープウ(上級)作文ご紹介

2016年11月20日~26日に行われましたハープウ(上級)検定には276名の方が合格をされました。

皆さまの想いが込められた作文はハワイ州観光局、アロハプログラム事務局で全て読ませていただいております。作文の中には新しいハワイの発見や感動をいただくものも多く、その一部ではありますがハワイを愛する皆さま、アロハプログラムで学ぶ皆さまにも共有させていただきます。
今回は2名の方の作文をご紹介します。


作文テーマ
「2016年12月21日より、羽田からハワイ島コナ直行便が運航開始となります。あなたにとって他の島にないハワイ島ならではの魅力は何だと思いますか?最も魅力的だと思うことを1つ取り上げ、その魅力を教えてください。」


  • JTBワールドバケーションズ 九州販売本部 日下部綾様 (旅行会社会員)

「このオプショナルツアーがとれないと、ご旅行自体がキャンセルになるかもしれないです!」入社1年目に販売店様に言われた言葉である。その後も何度かこの言葉を言われるのだが、ほぼほぼ間違いなく、旅行先が「ハワイ島」のお客様の場合であった。『ハワイ島をご旅行される方にとって、オプショナルツアーは最も重要すべきことである』。旅行業界初心者マークのまっさらな私にひとまず刷り込まれたハワイ島情報であった。となると、気になるがお客様が旅行の中で最も重視するオプショナルツアーの内容だが、マウナケア山、キラウエア火山に星空ツアーなど、まさに「大自然」をテーマにしたラインナップである。しかも、ビックアイランドと称されるハワイ島で大自然を体感するとなると、その壮大さはどんなものだろうかと俄然興味が湧いてきた。日本を飛び出し、現実から離れて、標高4,200mからおそらく人生で1番の星空を眺める・・・そんな圧倒的な自然のなかに身をおいたら何を考えるのだろうか。サンセット・サンライズもきっと今までに見たことないほどのものなのだろう、などと想像だけが膨らんでいく。
ホノルルで、シュノーケルに参加できなくても、旅行は中止にしないだろう。ダイヤモンドヘッドに登れなくても、おそらくハワイには行くだろう。しかし、ハワイ島でマウナケアに、キラウエア火山に行けないのなら、星空ツアーに参加できないのなら、ハワイ島への旅行は中止になる可能性があるのだ。いやはや、本当に一体どんなものなのだろうか。自分の目でも確かめたい!体験したい!私の中で、ハワイ島はいつか絶対行きたい場所に確実にランクインした。
今年で入社4年目。ホノルルは1年に1回、計3回訪れた。そろそろ次の島に行く下準備ができただろうと勝手に思っていた矢先、チャンスがあり、来月の12月にハワイ島を訪れることとなった。もちろん、お目当てのマウナケア、キラウエア火山、そして星空の3セットが網羅されたオプショナルツアーは申し込み済みである。オプショナルの種類は様々あるが、その圧倒的な存在感のある山々や、畏敬の念を抱かせる火山などの大自然こそが、人々が魅了されるハワイ島の魅力ではないのだろうか。これからそれを確認できるのだと思うと、知ってしまうのがもったいないような気もするのだが、非常に楽しみである。
ハワイ島から帰ったあかつきには、「オプショナルツアーがとれないと、旅行をキャンセル!」の気持ちがきっとわかるようになっていると思う。

ハワイ島への高まる魅力を体験を通して伝えていただきました。既にハワイ島へのご旅行を終え、またハワイ島への想いにも変化があったことと思います。




  • 入江明美様 (一般会員)

他の島にないハワイ島の魅力
神話が今も息づくハワイ。火山によって大地が創造され、海底には新しい島ができつつあるハワイ。現代の社会に於いても尚、伝説が日常に生きている不思議なハワイ!あっという間に虜になりました。私が主人と結婚して翌年の1990年に初めてハワイへ行ったのがハワイ島のカイルア・コナでした。火山の女神ペレに会いたい!それが私のハワイデビューの理由でした。
当時はホノルル空港でアロハエアー(今はない)に乗り換えての長旅でした。キングカメハメハホテルに泊まり、フルに3日間レンタカーで回りました。ハワイ島での一日目はパーカー牧場からワイピオへ行きました。二日目はコナコーヒー農場からキラウエアのビジターセンターに向かいボルケーノハウスに行きました。中に入って壁にあった大きな絵を見てびっくりすると同時に、ペレの神話の世界に入り込んで…。なかなか出てくる事ができなかったと記憶しています。
そういえば、パーキングの石垣の外側に珍しい赤い花が咲いていました。当時は名前が分からず、ホテルに戻って図鑑を買って、英語を読みながらハワイ語にも触れた第一歩でした。
ボルケーノハウスからハレマウマウ展望台へ行くと(今は閉鎖されている道路ですが)本当に目と鼻の先に溶岩流の流れがあって、その先の道路を塞いでいました。思わず息を飲み、歩みが止まりました。大自然の中では人間はなんとちっぽけな…と、痛感した瞬間でした。三日目はプウコホラヘイアウからグリーンサンドビーチで泳ぐウミガメに会い、レインボーフォールを見て、ヒロからホノルルへ戻りました。
帰国してもなおペレに魅せられた私は、とにかく働いて働いてお金を貯めました。やっとのことで学生ビザを取得し、1995年1月に主人と一緒にハワイに渡りました。カイルアのお宅にホームステイしながらハワイ大学のナイスプログラムに通い、学内のフラ教室に通いました。ペレに近ずくべく貪欲に一心不乱にフラを学んだ3年半でした。
おかげさまで、その時出会えた先生が素晴らしく厳しい先生で、弟子入りさせていただき今年で21年目になります。フラを通してハワイの文化 歴史 言葉、ペレやクムリポの神話、レイの花や葉や実や貝や色、食や礼儀や風習などなど先生に叱られながらも少しずつできる範囲で学び続けています。
今度、羽田からハワイ島への直行便が就航するので、ハワイ島が益々近くなりますね。
神話が息づくハワイ。ペレが吐き出す溶岩が海へ流れ出て、大地を飲み込み破壊しながら新しい命を産み出す。他の島にはないハワイ島の魅力…これに尽きると私は思います。

「ペレに会いたい」その想いを叶えるためにハワイを訪れ、学び、今もハワイを愛してくださる様子が伝わってきました。これからもペレに会いに行ける機会がたくさんありますように・・。