講座詳細

受講履歴を確認する
所用時間5min
2014.07.25

ネイティブ・ハワイアン・フェスティバル

ハワイをテーマにしたフェスティバルに参加することで、観光客もハワイが誇る歴史と文化を体感することができます。ネイティブ・ハワイアン・フェスティバルは芸術、音楽、フラ、式典、パレード、カルチャー体験、料理などを通じてハワイの伝統と文化を活気づけています。

ネイティブ・ハワイアン・フェスティバルとして挙げられるのが、3月のプリンス・クヒオ・セレブレーション、3月/4月のメリー・モナーク・フェスティバル、6月のキング・カメハメハ・セレブレーション、7月のプリンス・ロット・フラ・フェスティバル、そして8月から10月に開催されるアロハ・フェスティバルです。

 

プリンス・クヒオ・セレブレーション

ハワイアン市民クラブ協会が、その創設者であるプリンス・ジョナー・クヒオ・カラニアナオレを称えて毎年3月に開催するイベントです。プリンス・クヒオは、ハワイとネイティブ・ハワイアンへの献身から“市民のプリンス”と呼ばれ、崇められました。全米12の州(ワシントンDCからハワイ州にいたるまで)に広がる60ものハワイアン市民クラブが、各地でフェスティバルを開催しています。ネイティブ・ハワイアンが集合して、彼らの希望や未来へのビジョンを示し、伝統に基づいた価値観と文化の育成・維持を図る決意表明をします。

カイルア・コナ、ラハイナ、そしてホノルルの開催地では、ホロクー(正装ハワイアン・ドレス)舞踏会や合唱隊コンサート、ホイケイケ(文化的実演)、フラ、ハワイアン・ミュージック演奏、パレード、記念セレモニー、ルアウ(祝宴)が行われます。

開催地:ハワイ島、マウイ島、オアフ島
開催月:3月

 

 メリー・モナーク・フェスティバル

メリー・モナーク・フェスティバルは、ハワイ最古のフライベントです。そしてこのイベントが称えるのは、ハワイ王国最後の王、デイビッド・カラカウアが残した遺産で、それはネイティブ・ハワイアンの伝統、言語、芸術を永続させるために人々を奮い立たせるインスピレーションです。カラカウアが世を治めた17年の間に、ハワイアン・カルチャー&ミュージック、そして宣教師によって禁じられた公共の場でのフラパフォーマンスが復活を遂げることができた、という歴史的背景があります。フェスティバルの名称は、ダンスと音楽を愛したカラカウアの愛称“メリー・モナーク(陽気な君主)”にちなんでいます。

1週間に渡り開催されるメリー・モナーク・フェスティバルでは、フラパフォーマンスをはじめ、クラフトフェア、アートショー、ハワイ島ヒロでのパレードなどが見られます。フェスティバルのクライマックスは、イディス・カナカオレ・スタジアムで3夜に渡り開催されるフラ競技会です。木曜日の夜はミス・アロハ・フラ競技。これはワヒネ(女性)のソロ部門競技で、ダンサーはフラ・カヒコ(古典的フラ)とフラ・アウアナ(現代的フラ)の両方を演舞します。カネ(男性)・ワヒネ(女性)両グループによる団体部門フラ・カヒコは金曜日に、団体部門フラ・アウアナは土曜日に競技されます。
詳細は下記ウェブサイトをご覧ください。

http://www.merriemonarch.com/
開催地:ハワイ島
開催月:3月/4月 (イースターサンデーから1週間)

 

■ メレ・メイ/ナ・ホク・ハノハノ・アワード・ミュージック・フェスティバル

メレ・メイは、毎年春にハワイ州オアフ島はもちろんマウイ島、カウアイ島、ハワイ島、そして日本で開催されるハワイアン音楽をはじめとするハワイのさまざまな音楽と文化を讃える祭典。
ワイキキの各ホテルでハワイアン音楽とフラが披露される他、カラカウア通りでは歩行者天国やパレードも繰り広げられます。
オアフ島のみならず各島でも、ホテルやコミュニティーセンター、公園施設等で、ワイキキや日本ではなかなか聴くことのできないミュージシャンのパフォーマンスを楽しむことができます。各島でのイベントは、地元の人と一緒にゆっくり楽しめると人気です。

 

http://www.melemei.com/

開催地:各島

開催月:4-6月

 

キング・カメハメハ・セレブレーション

140年前、6月11日を国の祝日とする王室宣言がカメハメハ五世により発せられ、ハワイで最も高名な英雄・戦士・政治家であるカメハメハ大王の生涯と遺産を称える国の祝日となりました。最初の記念式典は1872年にホノルルで行われました。

現在は、全島から何百人ものボランティアが準備や参加のために集まります。大王像にはレイがかけられ、式典、スポーツ、音楽、フラが祝祭を彩り、フローラル・パレードが各島を賑わせます。オアフ島のパレードは、ホノルル・ダウンタウンのイオラニ宮殿を出発し、きらびやかな山車とパウライダー(飾り付けられた馬に乗った乗馬隊)がマーチングバンドとともにカピオラニ公園に向かって行進します。

開催地:ハワイ島、マウイ島、オアフ島、カウアイ島
開催月:6月

 

 ■プリンス・ロット・フラ・フェスティバル

プリンス・ロット・フラ・フェスティバルは、プリンス・ロット・カプアイヴァ(後のカメハメハ五世、在位1863年~1872年)を称え開催されています。これはハワイの非競技フラフェスティバルの中では最大規模で、かつて禁止されたフラを復活させ、1863年から1872年にかけてカメハメハ5世として世を治めたロット・カプアイワ王子を称え、毎年開催されているものです。

1978年、ハワイ社会へ捧げる催事としてMGFにより創始されたプリンス・ロット・フラフェスティバルは、毎年ハワイ内外から数多くの来場者を迎えています。今回、オープニングセレモニーでは、カメハメハの王室伝来の儀式と、MGFの最高栄誉であるマリア・カウ賞をナ・クムフラ・ナラニとプア・カナカオレ氏に授与するセレモニーに続き、名だたるフラハラウがラインナップし、カヒコと呼ばれる古典フラやアウアナと呼ばれるモダンフラのパフォーマンスを次々と披露します。
 

 

 

開催地:オアフ島イオラニ宮殿
開催月:7月

 ■アロハ・フェスティバル

1946年に「アロハ・ウィーク」というイベント名で始まったアロハ・フェスティバルは、全米で最古・最大のハワイアン・カルチャー祭です。アロハ・スピリットを育て広めることを使命とし、芸術・音楽・踊り・料理を通じて、ハワイの歴史と文化を祝います。フェスティバルは各島で順番に開催され、全体の開催期間は2、3ヶ月に渡ります。このフェティバル特有のイベントに、宮中授与式、開会式典、フローラル・パレード、ホオラウレアがあり、ハワイらしい多彩な見どころが満載です。

アロハ・フェスティバルは開会式典によって正式な開幕となります。オアフ島ではその昔多くのアリイ(首長)が住んだエリア、ワイキキのロイヤル・ハワイアン・センター内ヘルモア庭園で、その年の宮中役が紹介されます。フェスティバルの目玉のひとつ、フローラル・パレードでは、ハワイ諸島8つの島の一つを象徴して、美しく飾り付けられた山車やハラウ・フラ(フラスクール)、マーチングバンド、パウライダー(飾り付けられた馬に乗った乗馬隊)が行進します。
アロハ・フェスティバルならではのもう一つの特徴的なイベントがホオラウレア。島のトップ・エンターテイナーやハラウ・フラ(フラスクール)による多数のステージ、そしてハワイ料理、ネイティブ・ハワイアン・アート、レイショップなどのブースが並びます。
詳細は下記ウェブサイトをご覧ください。

http://www.alohafestivals.com/
開催地:ハワイ州全島
開催月8月~10月

関連講座
メンバー登録してアロハプログラムを楽しもう!

ハワイについて学ぶならまずはメンバー登録がおすすめ!