講座詳細

受講履歴を確認する
所用時間5min
2014.01.18

ロミロミ

マナとともに心と魂、身体を癒すマッサージ、ロミロミ

  • 神、自然のマナを受けて癒すのがロミロミ・マッサージ
  • 祈りの関わらないマッサージをロミロミとは呼ばない


心と体、魂を癒すマッサージ
ハワイ伝統のマッサージ、ロミロミは、身体と同時に心と魂を癒す、スピリチュアルなマッサージとして知られています。古来ハワイにはカフナ・ロミロミとよばれるマッサージ師がおり、王族など特定の階級に施術したものでしたが、庶民もそれぞれ互いにロミロミを施し、健康回復に役立てたとされています。

負傷の多いハワイの格闘技ルアの使い手もロミロミに秀でていたそうですし、妊婦の苦しみを和らげるため、出産の場でもロミロミは活用されていました。

ロミロミとは、「摩擦する、押す」などを意味するハワイ語です。ロミロミというと肘から先の腕部を使ってストロークするマッサージ、との印象が強いですが、それだけではありません。もちろん指、手の平も駆使し、その手法はそのほかのマッサージ同様、多岐にわたります。ロミロミスティックと呼ばれるガヴァの木の棒や、ホットストーンを使うこともあります。

古来、その島、地域、村、家ごとにそれぞれのスタイルがあったともされるロミロミです。世界のマッサージに比べロミロミを特徴づけるのは、マッサージの技術や型そのものより、むしろその精神性といえるでしょう。たとえば、ロミロミではプレ(祈り)が重要部分を占めています。古代ハワイでは、神が万物を司り、病いも癒しも神を通じてもたらされる―と信じられていたからです。


カフナ・ロミロミが昔使ったロミロミ・スティック。
後ろはカフナをイメージしたイラスト
ビショップ博物館の展示より


天と大地からのマナで癒す
そのためロミロミの施術師はマッサージの前にまず、祈祷を捧げます。癒しの力を祈りによって天と大地から授かり、施術によって相手に注ぐ―というのがロミロミの基本的な考えです。天と大地からの力を、ここではマナ(神聖な気、霊気)と呼ぶとわかりやすいかもしれません。

そしてマナを受けた施術師がマッサージを施し、マナとともに肉体に施術することで、心身をポノ(調和)な状態に戻す。つまり身体、心、魂を整えるマッサージ、それがロミロミです。肉体的にポノな状態とは、身体の歪みやこり、炎症などのないバランスのとれた状態を指しています。

日本でも昨今、人間を肉体と心、気、魂の総合体としてとらえ、ホリスティック(全体的)な観点から治療する、ホリスティック医学という言葉が一般化しつつあります。ロミロミは、現代のホリスティック医学の概念にも通ずる、ハワイ伝統の癒しの秘術といえるでしょう。

ちなみに昔のハワイでは、ロミロミの秘術はカフナ・ロミロミから選ばれた弟子だけに、または先祖代々、家ごとに継承され、ネイティブ・ハワイアン社会の外には出にくいものでした。しかしハワイ島コナの著名ロミロミ・マスター、故マーガレット・マシャード女史が1970年代以降、ロミロミの奥義を広く伝授し始めたことにより、今ではロミロミを教えるマッサージスクールがハワイの各地にあります。ロミロミを体験できるサロンも多数オープンしています。


ロミロミの施術師は、時にティーリーフや
ハワイアンソルトで自身を清め、護りながら施術をする

 

関連コンテンツ
マーガレット・マシャード

補足事項

ある現代の著名なロミロミ・マッサージ師は、マナとマッサージ師との関係を、次のように説明しています。 「祈りによって神、自然から得られるマナはガソリンのようなもの。そしてマッサージ師は車のようなもの」 。マナがあって初めて、マッサージ師の施術に効果が出る、というわけです。

  • 森出 じゅん
    Jun Moride
    担当講師

    【インタビュー動画あり】
    オアフ島ホノルル在住。横浜出身。青山学院大学法学部卒業後、新聞・雑誌・広告のライターとして活動。1990年、ハワイ移住。フリーランスのジャーナリストとして活動する傍ら、ハワイの文化や歴史、神話・伝説、民間伝承を研究中。単に「美しいハワイ」にとどまらないハワイの奥深い魅力、真の姿を日本に発信すべく、執筆を続ける。イオラニ宮殿日本語ドーセント(水曜日担当)も務める。著書に「ミステリアスハワイ」(ソニー・マガジンズ刊)、「ハワイの不思議なお話」(文踊社刊)、「やさしくひも解くハワイ神話」(フィルムアート社刊)がある。
    森出じゅんのハワイ不思議生活 http://blog.goo.ne.jp/moridealex

関連講座
メンバー登録してアロハプログラムを楽しもう!

ハワイについて学ぶならまずはメンバー登録がおすすめ!