講座詳細

受講履歴を確認する
所用時間5min
2015.10.19

プウコホラ・ヘイアウ国立歴史公園(観光スポット)

ハワイ島カヴァイハエの巨大なヘイアウ

ハワイ島コハラコーストで誕生したカメハメハ1世は、ハワイの島々の戦いに勝ち、1810年にハワイ諸島を統一し、ハワイ王国を作りました。それに先立ち、1791年には1年に及ぶ時間をかけ、ハワイ島のカヴァイハエに近い場所にプウコホラ・ヘイアウを作りました。このヘイアウには、ハワイ諸島統一に向けて、強い希望が込めれました。ライバルであった叔父のケオーウアを倒すため、色々な手立てを打っていましたが、カメハメハ家の戦いの神(クー)である、クーカーイリモクを祀る最大で神聖な祭場(ヘイアウ)を作ることで、カメハメハ1世がハワイを統一する王になると予言者(カフナ)による通達がありました。よってカメハメハ1世により、プウコホラ・ヘイアウが完成し、無事に1810年にカメハメハ1世はハワイ王国の王となりました。

 

プウコホラのハワイ語の意味は、クジラの丘であり、昔もこの丘から、クジラを見ることができたことを物語っています。ライバルであり、叔父でもあったケオーウアは当時、ハワイ島全土、マウイ島東部のハナを統一していました。この叔父が自らプウコホラ・ヘイアウに出向いた時、カメハメハ1世により殺され、その体は、この戦争の神に捧げられました。カメハメハI世が1819年に亡くなった後は、息子のカメハメハ2世(リホリホ)が王となりましたが、その時に、カメハメハ1世のお后の一人であったカアフマヌ王妃とともに、1世が作った保守的なカプ制度(法律)をなくし、ヘイアウに生け贄などを捧げる習慣や法を廃止しました。
 


丘の上にそびえるプウコホラ・ヘイアウ


ヘイアウはハワイではとても神聖な場所です。
現在でも数多くのヘイアウは残されていますが、ここプウコホラ・ヘイアウは最大級で、昔のまま原型を残しています。大きさは横68m、縦30m、そして塀の高さは4.8m〜6mもある巨大な石壁のヘイアウです。ヘイアウの石壁は溶岩で作られていますが、ここの溶岩は、コハラコーストのポロル渓谷から20マイル(約32km) の距離に人を並べ、手に手に溶岩を運んだとされています。その溶岩のサンプルがビジターセンターには展示されています。


ヘイアウの石壁の溶岩を運んだ様子が展示されています


プウコホラ・ヘイアウの石壁の中は一般公開されていませんが、外からは見ることができます。毎年夏には、カルチャー・フェスティバルが行われ、その日は当時の様子を再現しています。石壁の入り口には、カメハメハ1世の時から使われた王のシンボル、プーロウロウが置いてあります。これは白いボールのようなものが棒に付き、2本を交差させて置いてあります。このプーロウロウの奥は王がいる神聖な場所で、王以外は入ってはいけないという目印になっています。
 

 プウコホラ・ヘイアウの敷地内にはマイレキニ・ヘイアウとハレ・オ・カプニ・ヘイアウもあります。マイレキニ・ヘイアウはカメハメハ王の先祖により、農業の寺として作られたものであるようです。カメハメハ1世の時代にジョン・ヤング(カメハメハ王に西洋の知恵をアドバイスした、王からとても信頼されていた英国人)とともに、この寺を砦に換えました。ジョン・ヤングはこのヘイアウの土地から道を挟んだ山側に住居を構えていました。
 


敷地内のヘイアウの案内


ハレ・オ・カプニ・ヘイアウはサメの神に捧げたヘイアウで、オフショアに作られました。
サメはアウマクアという祖先の神の一人だったと言われています。このヘイアウは1950年代頃までは原型をとどめていたようですが、雨や風などにより、今では海中に入ってしまっています。引き潮の時には土台が少し見えるくらいになっています。
ヘイアウ内はトレッキング用の道もあり、地図を見ながら、セルフガイドツアーで歩くことができます。ガイドツアーも行っていますが、10名以上の団体で予約が必要となります(英語のみ)。
 

ヘイアウのまわりには、ハワイの固有種の植物などもあり、スケールの大きなヘイアウの散策は、ハワイの歴史や文化、自然を目の当たりにできる貴重な体験になります。 

データ

Pu’ukohola Heiau National Historic Site
62-3601 Kawaihae Rd.
Kawaihae HI  96743
http://www.nps.gov/puhe
電話:808-882-7218(英語のみ)
時間:8時〜16時45分(最終エントランスは16時30分)
料金:無料(ガイドツアーは10名以上で、一人$2。英語のみ、要予約)

関連コンテンツ
プウコホラ・ヘイアウ国立歴史公園(歴史)

  • 藤原 アン 小百合
    Sayuri Anne Fujiwara
    担当講師

    【インタビュー動画あり】
    アーミッシュキルトの盛んなアメリカ・オハイオ州の高校に留学中にアメリカン・パッチワークを習得。メリーランド大学学士号取得。その後ハワイに移住し、マウイ島のハナ・マウイ・ホテルで出会ったハワイアンキルトのベッドカバーに一目惚れをし、ハワイアンキルトを始める。2001年9月11日、ニューヨークで起きた同時多発テロ事件の犠牲者とその家族への追悼キルト、『千羽鶴 フレンドシップキルト』を全国のキルターとともに完成させ、2009年9月、9.11メモリアルに寄贈。2011年7月、ハワイで毎年開催される「キルトハワイ」において、オリジナルデザインの「マノアの森」キルトがグランプリ受賞。ハワイ、日本でのレッスンなど、伝統的なハワイアンキルトを広げるため、日々奔走中。15年以上、パシフィックリゾートの「キルトパラダイス」(http://www.holoholo.world/kawaraban/category/quilt/)を連載中。 日本でハワイアンキルト本を数冊出版。2006年よりホノルルフェスティバルにおける伝統的ハワイアンキルト展を毎年開催。2013年よりイオラニ宮殿の日本語ドーセントのボランティアを始め、現在ハワイ在住31年目。

関連講座
メンバー登録してアロハプログラムを楽しもう!

ハワイについて学ぶならまずはメンバー登録がおすすめ!