講座詳細

受講履歴を確認する
所用時間5min
2014.01.18

カウアイ島

はじめてなのに、どうして懐かしいのか?
ハワイの最北端に位置する最古の島。劇的な美しさを誇る雄大な自然が残っています。

  • カウアイ島は、リフエを中心に、人口約7万2千人が住んでいます。
    リフエとは、ハワイ語で、冷たい空気という意味です。島内には、プリンスヴィル、カラパキ、ポイプ、ワイメアといったリゾート地があります。
    島の花は、モキハナ、テーマカラーは、ポニ(紫)です。ハワイ諸島最北に位置しますが、気温は他の島と変わりませんが、降水量が最も多い地域です。


ハワイ州観光局 プロモーションビデオ カウアイ島

ハワイ諸島の最北端に位置するカウアイ島はハワイ最古の島。長い年月をかけて自然が造り出した美しくダイナミックな景観やハワイの原風景が魅力的なアイランドです。

【カウアイ島の概要】
・ニックネーム:ガーデン・アイランド、発見の島
・都市:リフエ(ハワイ語で「冷たい空気」の意)
・人口:72,159人(2017年7月時点)
・面積:1,430平方キロメートル
・リゾート地:プリンスヴィル、カラパキ、ポイプ、ワイメア
・観光局サイト:http://www.gohawaii.com/jp/kauai
花/植物:モキハナ(図版2)
・山:ワイアレアレ
・アリイ(首長):マノカラニポ、カウムアリイ
色:ポニ(紫)
・"Maikaʻi Kauaʻi, hemolele i ka mālie, Kauaʻi o Manokalanipō"
  「素敵なカウアイ、静けさのなかで穏やかに、島の首長はマノカラニポ」

カウアイ島に残る伝統と文化は、ハワイの歴史に刻まれた高貴な王家の存在を思い起こさせます。カウアイとその隣の小さな島ニイハウは、1800年代初頭まで独立した王国を築いていました。この二つの島は、カメハメハ一世によるハワイ諸島統一事業に屈することなく、最後まで独立を維持していました。しかしカウアイの統治者カウムアリイ王は、最終的にカメハメハ勢力との戦争を避けるため、1810年にハワイ王国への平和的加入を決断しました。


【文化・史跡】
●ワイメア
カウアイ島では、小さな町に偉大な史跡がいくつもあります。その一例が島の西部にあるワイメアで、ここは1778年にキャプテン・クックがハワイ初上陸を果たした場所で、それを記念して彼の銅像が建てられました。

●アレココとカウルオラカ・ヘイアウ
カウアイには小さい身体のメネフネ族の存在が伝説として伝えられており、アレココ・フィッシュポンド(養魚池)はメネフネが一夜にして造ったものだと信じられています。そしてその技術は、アメリカで後に開発される養殖技術の先を行くものでした。またカウアイはハワイの伝統フラに関する特別な場所でもあります。ナパリ・コーストにあるカウルオラカ・ヘイアウは、フラの守護神、女神ラカを祀る神聖な場所で、今日もラカへの参拝とフラ伝統の継承のため、生徒を連れ多くのクムフラ(フラの師匠)がこの場所を訪れています。

●コケエ自然博物館とカウアイ博物館
ワイメア・キャニオンの北、コケエ州立公園にあるのがコケエ自然博物館です。17,583平方キロメートルの敷地にワイメア・キャニオンの歴史を展示しています。リフエにあるカウアイ博物館では、古代ハワイの工芸品や歴史を語る写真とともに、島のアーティストたちの作品が展示されています。


【気候】
位置的にハワイ諸島最北にあるが,気温は他の島とそれほど変わりません。ただし、降水量は主要6島の中で圧倒的におおく、北東から吹く貿易風の影響で、島の中央の山間部や北部は雨が降りやすい地形となっています。一方、ポイプ、コロアなどの南側は、からっとした晴れの日の多いのが特徴です。

関連講座
メンバー登録してアロハプログラムを楽しもう!

ハワイについて学ぶならまずはメンバー登録がおすすめ!