講座詳細

受講履歴を確認する
所用時間5min
2014.03.06

フォスター植物園

ダウンタウンにあるハワイ諸島で一番古い植物園。

  • 雑誌や図鑑などで見るハワイの植物を、実際に自分の目で見る。
     
  • ワイキキから車で約15分の近い場所にある、大自然を楽しめる。

 

ホノルルのダウンタウンにある植物園の歴史は、カメハメハ3世のカラマ王妃が若いドイツ人の医師でもあり植物学者でもあった、ウィリアム・ヒルブランドに植物園の一部を貸した1853年から始まります。現在ヤシ園の手前当たりが「奥のテラス」と呼ばれ、ヒルブランド夫妻はそこに家を建て、20年間住んでいました。この当たりの巨木はその当時に植えられたものです。その後、土地はキャプテン・トーマス&マリー・フォスターに渡りましたが、夫妻が亡くなった後は5.5エーカー(約22,000㎡)がホノルル市に遺贈されました。ハロルド・ライアン博士を初代の園長とし、1931年に植物園として一般公開されました。ハワイの島々の中で初めての植物園となりました。


その後ライアン博士により1万種もの新しい植物をハワイに輸入され現在に至ります。見所は、ココヤシのコレクション、ライアン博士の洋ラン園、奥のテラス、有用植物園、先史植物の小庭、ハワイの特別保護樹などです。


園内には木の名前の札が付いているので、植物の種類を楽しめます。

ダウンタウンにあるフォスター植物園

植物園を入るとすぐに1913年にマリー・フォスターにより植えられた菩提樹の木があります。これは2500年以上前にインドのブッタガヤでお釈迦様が悟りを開かれた菩提樹の木の子孫だそうです。


菩提樹の大きな木を左に行くとライアン博士の洋ラン園があります。そこにプルメリアのルブラ種があり、ヒルブランド博士が1860年に初めてハワイに持ち込んだ物だと言われる貴重なものです。


奥のテラスの方へ入って行くと、タマリンド、カポック、カウリ、トラベラーズツリーなど大きな木が続きます。


そしてヤシのガーデンにはハワイ固有種の唯一のヤシ、ロウルはロウレヤーナ種で樹齢100年を超えています。葉は扇形をし、横幅だけでも60cmあります。


タリポット・パームというヤシの一種でスリランカとインドの原産があり、かなり大きなヤシであり、花と実ができるまで約75年かかります。一度花が咲いて実がなると死んでしまいます。ヤシの種類の中では一番大きな花を付けます。


ジャックフルーツ、ココデマー、ブラジル・ロウルなど珍しいヤシも見る事ができます。

樹齢100年以上の菩提樹の木

ハーブ園を過ぎるとソーセージの木、タロ、アラビアコーヒー、パンノキ、マカダミアナッツ、ククイ、ノニ、ザクロ、コットンの木、シナモン、カカオ、オールスパイス、クラウンフラワー、ウコン、パパイヤ、パッションフルーツなど南国ならではの植物もたくさん見る事ができます。


キャノンボール・ツリー(ホウガンノキ)はブラジルナッツの仲間で南米ギアナの原産です。花が幹から咲いていて、エキゾティックな色と甘い香りがします。名前の由来は大きな砲丸型の果実からきています。木の下には落ちる果実にご注意と書いてあります。


先史植物の小庭にはシカドという生きる化石の異名を持つ植物があります。何百年も前に地球上に繁茂し、シダやヤシに似ていますが、絶滅の危機に瀕しています。また、グラツムという裸子植物もあります。針葉樹の古代からの親戚であり、花を咲かせる代わりにマツカサを作ります。

キャノンボール・ツリー

入り口の方へ歩いて行くと、バオバブ、シャワーツリー、リグナム、ヴィタイ、テベスドームヤシなどがあり、見た事のあるような大仏様が見えてきます。この大仏様は1985年にハワイ官約移民100周年を記念して、神奈川県知事からハワイ州へ送られたものだそうです。またこの土地にはハワイで最初の日本語学校が建てられた歴史があります。真珠湾攻撃の余波で子供達が犠牲になった地でもあったそうです。


その先にはオーキッド(ラン)の温室があります。


入り口付近に戻る途中にはヘリコニアやジンジャー、クイポツリー、タコノキなどもあります。

大仏像

この植物園の最大の特徴は、ダウンタウンの近くにあり、ワイキキからもバスやタクシーなど20分ほどで行ける場所です。また園内は舗装された道が多いので、1時間半くらいの散策で楽しめます。また、大きな木が多く陰があり、ハワイの気持ちよい風を肌で感じ取る事ができます。トレッキングと考えずにふらっと立ち寄るには絶好の植物園です。


Foster Botanical Garden
50 North Vineyard Blvd.
Honolulu HI  96817
Tel:  808-522-7066
入場料:$5
時間:9時〜16時
休み:クリスマス、元旦

  • 藤原 アン 小百合
    Sayuri Anne Fujiwara
    担当講師

    【インタビュー動画あり】
    アーミッシュキルトの盛んなアメリカ・オハイオ州の高校に留学中にアメリカン・パッチワークを習得。メリーランド大学学士号取得。その後ハワイに移住し、マウイ島のハナ・マウイ・ホテルで出会ったハワイアンキルトのベッドカバーに一目惚れをし、ハワイアンキルトを始める。2001年9月11日、ニューヨークで起きた同時多発テロ事件の犠牲者とその家族への追悼キルト、『千羽鶴 フレンドシップキルト』を全国のキルターとともに完成させ、2009年9月、9.11メモリアルに寄贈。2011年7月、ハワイで毎年開催される「キルトハワイ」において、オリジナルデザインの「マノアの森」キルトがグランプリ受賞。ハワイ、日本でのレッスンなど、伝統的なハワイアンキルトを広げるため、日々奔走中。15年以上、パシフィックリゾートの「キルトパラダイス」(http://www.holoholo.world/kawaraban/category/quilt/)を連載中。 日本でハワイアンキルト本を数冊出版。2006年よりホノルルフェスティバルにおける伝統的ハワイアンキルト展を毎年開催。2013年よりイオラニ宮殿の日本語ドーセントのボランティアを始め、現在ハワイ在住31年目。

関連講座
メンバー登録してアロハプログラムを楽しもう!

ハワイについて学ぶならまずはメンバー登録がおすすめ!