講座詳細

受講履歴を確認する
所用時間5min
2015.10.08

ハウメア神話「ハウメアの子供たち」「ハウメアとパカカヘイアウの神像」

受胎や出産を司る女神ハウメアは、ペレとその多くの兄弟の母でもあります

  • ハウメアは母性の象徴ともいえる女神。
  • 受胎や出産などを司る。
  • ペレの兄弟、姉妹の母。
  • 大地の女神パパとハウメアを同一の女神であるとする学説も根強い。

〔ハウメアの子供たち〕
ハウメアは、母性を象徴する女神。ハワイアン民族の母とも呼ばれる存在で、創世記に登場する母なる大地の神、パパと同一視されることも多い、ミステリアスな女神です。
 

受胎や出産を司り、自らも多産で、ハウメアは数多くの神々をこの世に送り出しました。それも通常の出産によるのではなく、ハウメアの身体のあちこちから、神々が生まれたとされています。
 

たとえばハウメアは、火山の女神として名高いペレの母でもあります。ペレはハウメアの太腿から生まれたとか。姉で海&水の女神ナマカオカハイは、ハウメアの胸から生まれました。
 

ペレの兄である鮫の神カモホアリイはハウメアの頭から生まれた(キラウエア火山国立公園ジャガーミュージアム展示より)

そして兄で鮫の神のカモホアリイはその頭のてっぺんから、雷神カネヘキリは口から、稲妻の神カウィラヌイはピカピカ光る眼から生まれました。そのほかにもペレのたくさんの兄弟や姉妹が、ハウメアの腕や指、手の平、手首、身体中の関節、足先から生まれ出たそうです。
 

ちなみにペレと兄弟たちの父は、四大神の一人クーの変化(へんげ)の一つである、クー・ワハイロと信じられています。

〔ハウメアとパカカヘイアウの神像〕
昔、ホノルル港の際に建っていた有名なヘイアウ(神殿)、パカカヘイアウ。今はもうその姿はありませんが、その昔はオアフ島中のヘイアウの本山ともいうべき、重要なヘイアウでした。そのヘイアウの御神体だった木彫りの神像について、ハウメアにまつわる、以下のような神話が残っています。
 

大昔、ハワイから遠く離れたある島で、酋長オロパナの娘ムレイウラが産気づいた時のことです。大変な難産で、家族はムレイウラが死んでしまう、と心配しました。そこに女神ハウメアがたまたま通りかかり、出産の手助けを申し出ました。家族は喜び、「手伝っていただいたら、どうやって御礼をすればいいでしょうか」と尋ねました。
 

ハウメアは答えて言いました。「もしもあの美しい木を私にくれるなら、ムレイウラの命を助けてあげましょう」。ムレイウラは美しく珍しい花を咲かせる、1本の木を持っていました。木をそれは大切にしていましたが、命には代えられません。すぐにハウメアの申し出を受け入れることにしました。
 

そこでハウメアが呪文を唱えると、すぐさまムレイウラに力が戻り、気分がよくなってきました。それがあまりにアッという間の出来事だったので、悪いことにムレイウラは、大切な木をハウメアに譲るのが惜しくなってきました。つい「やっぱりあの木はあげられません!」と叫んでしまったのです。
 

するとどうしたことでしょう。ムレイウラは瞬く間に力を失い始めました。そこでハウメアに再び懇願。「私を許して命を助けてくださるなら、きっと木を御礼に差しあげます」。再びハウメアが呪文を唱え、ムレイウラの容態は回復しましたが、愚かなことにまた、約束を覆してしまったのです。ハウメアの助けを失ったムレイウラは、今度こそ死にかけてしまいました。
 

慌てた父は大声で娘を叱りつけました。「もう木のことは諦めろ! 死んでしまったら、木のことなんて関係なくなるんだ」。ムレイウラはやっと木をハウメアに捧げ、無事に出産したということです。
 

その後、ハウメアはこの美しい木を持って遠い島からマウイ島へ。大きな川のほとりに植樹しました。ところが、ハウメアが神々の地であるヌウメアラニに帰っている間に木は切り倒され、巡り巡ってあるマウイの酋長により浜辺で拾われ、神像に仕立てられました。
 

クホオネエヌウと名づけられたその神像には素晴らしいマナ(霊力)が宿ると信じられ、いつしかハワイ全島で評判に。神像を作った酋長も幸運に恵まれ、大金持ちになりました。
 

その後、神像はオアフ島の酋長に譲られ、長い間パカカヘイアウの御神体として、島中の人々に崇められた…ということです。パカカヘイアウの跡地には今、アロハタワー(写真)が建っています。

関連コンテンツ
天地創造-クムリポ

  • 森出 じゅん
    Jun Moride
    担当講師

    【インタビュー動画あり】
    オアフ島ホノルル在住。横浜出身。青山学院大学法学部卒業後、新聞・雑誌・広告のライターとして活動。1990年、ハワイ移住。フリーランスのジャーナリストとして活動する傍ら、ハワイの文化や歴史、神話・伝説、民間伝承を研究中。単に「美しいハワイ」にとどまらないハワイの奥深い魅力、真の姿を日本に発信すべく、執筆を続ける。イオラニ宮殿日本語ドーセント(水曜日担当)も務める。著書に「ミステリアスハワイ」(ソニー・マガジンズ刊)、「ハワイの不思議なお話」(文踊社刊)、「やさしくひも解くハワイ神話」(フィルムアート社刊)がある。
    森出じゅんのハワイ不思議生活 http://blog.goo.ne.jp/moridealex

関連講座
メンバー登録してアロハプログラムを楽しもう!

ハワイについて学ぶならまずはメンバー登録がおすすめ!