講座詳細

受講履歴を確認する
所用時間5min
2014.01.18

ラナイ島

つくられていない、という上質。 人ごみとは無縁のプライベート感あふれる島で、豪華でロマンティックなひとときが過ごせる島です。

  • ラナイ島は、ラナイ・シティを中心に、人口3,200人が住んでいます。ラナイ・シティとはハワイ語で、征服の日という意味です。島内には、マネレ・ベイ、ラナイ・シティ等の町があります。島の花は、カウナオア、テーマカラーは、アラニ(オレンジ)です。他の島に比べ、晴天な日が多く、降水量も少ない気候です。


かつてはパイナップル畑が広がっていた島は、今では世界に名高い2つの豪華リゾートホテルがあることで知られています。贅を極めたリゾートと手つかずの代診が調和し、融合しているプライベート間あるアイランドです。

【ラナイ島の概要】
・ニックネーム:プライベート
・アイランド、魅惑の島、もとはパイナップル・アイランド
・都市:ラナイ・シティ(ハワイ語で「征服の日」の意)
・人口:3,200人
・面積:364平方キロメートル
・リゾート地:マネレ・ベイ、ラナイ・シティ
・観光局サイト:http://www.gohawaii.com/jp/lanai
・花/植物:カウナオア
・山:ラナイハレ
・アリイ(首長):カウルラアウ
・色:アラニ(オレンジ)
・"ʻO Lānaʻi a Kaululāʻau, hiehie iā Lānaʻihale"
  「ラナイ、カウルラアウの領地、ラナイハレの峰が際立つ島」

ラナイ島にはカメハメハ一世が気に入っていた釣り場が今も変わらずあります。この島にハワイアンが住みはじめたのは16世紀になってからで、それまでこの島は霊が住む島とされていたようです。後に世界最大のパイナップル・プランテーションがある島として名を馳せ、フィリピン、中国、日本からの労働者が移住しました。今日、島のメイン・リゾートであるコエレ・ロッジとマネレ・ベイで働くのは、この島に定住した移民労働者の子孫たちであり、今もプランテーション時代の歴史と文化が色濃く残っています。
 

【文化・史跡】
●カウノル
古代に漁村だったこの地の名残りは、島の南側に位置する風の強い断崖絶壁の景色のなかに見られます。カメハメハ大王が釣りを楽しむ夏の静養所だった場所で、現在国立史跡として登録されています。ここにはハルル・ヘイアウという神殿と、戦士が60フィート下の波に飛び込む度胸試しの場所だったカレイナアカヘキリ崖(通称カヘキリ・リープ)があります。
 

●ケアヒアカヴェロ
伝説によると、ケアヒアカヴェロ(「カヴェロの火」という意)の不毛な大地の景観は、二人のカフナ(僧侶)による、ある競争が原因でできあがったと言われています。もっとも長く火を燃やし続けることができるのは誰かを、カヴェロと彼のライバルであるモロカイ島のカフナが競いました。火を絶やさないためにカヴェロはこの地の植物という植物をすべて燃やし尽くしてしまったと伝えられます。今に残る風に吹きさらしの月面のような景観が、伝説を思い起こさせます。


【気候】
他の島よりも乾燥した快適な晴天な日が多く、降水量も少ないラナイ島です。平均気温は21〜29℃。標高515mのラナイ・シティは夏でも平均22℃と涼しく,プロプエ湾周辺は、それより5〜11℃くらい高くなります。また、昼と夜の寒暖差があります。

関連講座
メンバー登録してアロハプログラムを楽しもう!

ハワイについて学ぶならまずはメンバー登録がおすすめ!