講座詳細

受講履歴を確認する
所用時間5min
2016.04.23

カマプアアの神話「カマプアアの泉」「ペレとカマプアア」

カマプアアの神話「カマプアアの泉」「ペレとカマプアア」

  • カマプアアは豚またはイノシシの神。
  • ハンサムな酋長やイノシシの姿で出現する。
  • 火山の女神ペレと愛憎関係にある。

カマプアアは豚、イノシシの化身(キラウエア火山国立公園ジャガーミュージアムの展示より。ハーブ・カネ作)

カマプアアの泉
カマプアアは半神半人。豚またはイノシシの神で、数多くの神話で下品な乱暴者と表現されています。

ハンサムな人間の酋長として人前に現れることもあれば、燃える8つの目を持ったイノシシとして出現することもあり、ハワイ州を代表する魚として知られるフムフムヌクヌクアプアアも、カマプアアの化身の一つだそうです。

またカマプアアは女性好きで、女性を追い回して困らせる神話が実に多いもの。以下はホノルルのモイリイリを舞台にした、そんな物語の一つです。

昔々、2人の美しい女性がモイリイリを歩いていると、カマプアアが通りかかりました。カマプアアは2人に話しかけましたが、身体の刺青を見てそれがカマプアアだと気付いた2人。早足で逃げていってしまいました。

カマプアアは執拗に追いかけましたが、2人は実は女神でした。もう少しでカマプアアの手が2人に触れようという時、2人の姿は地中に消えてしまいます。

慌てて、イノシシに姿を変えたカマプアア。牙であちこちを掘り返したものの、2人の姿はありません。そこで1人の女性が消えたあたりを執拗に掘ると、急に泉が噴き出し、カマプアアはもう少しで溺れ死ぬところでした。地中に隠れた女神がカマプアアの追跡をはばむため、地下水を噴き出させたのです。

次いでカマプアアは、もう1人の女性の消えたマノア渓谷方面の道を掘り起こしてみました。するとまたもや水が噴き出したので、カマプアアはすごすご、去っていきました。

この時に2人の女神が湧き出させた2つの泉は長い間、モイリイリの住民を潤わせ、「カマプアアの泉」として知られたそうです。 
 

ペレとカマプアア
カマプアアはまた、火山の女神ペレと激しい愛憎関係にあるとされ、ペレと戦ったという場所がハワイ各地に残っています。

ある時、ペレと妹のカポがオアフ島を旅していると、カマプアアが追いかけてきました。ペレを守るためカポは自分の身体の一部をはずして投げつけ、カマプアアの気がそれた隙に、ペレと逃れることができました。カポが投げつけた身体の一部は今、ココクレーターとして知られています。

カマプアアがペレを追い回したというココクレーター周辺

その後もペレの美しさを忘れられなかったカマプアア。ペレをしょっちゅう追いかけ回しましたが、ペレはカマプアアを「豚」「豚の子」と呼んで侮辱。2人の間で激しい戦いが起こりました。

まずペレがカマプアアを溶岩流と火で追いつめると、カマプアアは海に飛び込み、フムフムヌクヌクアプアアに変化(へんげ)して逃れました。次いで、カマプアアが反撃。ペレの土地に豪雨を降らせ、同時にイノシシを集めて土地をズタズタに踏みにじるのでした。

こうしてカマプアアの降らせた雨が、キラウエア火山のハレマウマウ火口でペレが護っている聖なる炎を消しかけた時。ペレの兄弟が割って入ってペレが譲歩し、危ういところで戦いが終了しました。

その後もある時は敵同士、ある時には恋人関係にあった2人ですが、2人の過激な性格上、ずっと一緒に暮らすことはできませんでした。乾燥した風下の土地にペレ、湿った風上の地にカマプアアと、分かれ分かれで暮らした、ということです。

 

関連コンテンツ
ペレの神話1

  • 森出 じゅん
    Jun Moride
    担当講師

    【インタビュー動画あり】
    オアフ島ホノルル在住。横浜出身。青山学院大学法学部卒業後、新聞・雑誌・広告のライターとして活動。1990年、ハワイ移住。フリーランスのジャーナリストとして活動する傍ら、ハワイの文化や歴史、神話・伝説、民間伝承を研究中。単に「美しいハワイ」にとどまらないハワイの奥深い魅力、真の姿を日本に発信すべく、執筆を続ける。イオラニ宮殿日本語ドーセント(水曜日担当)も務める。著書に「ミステリアスハワイ」(ソニーマガジンズ刊)、「ハワイの不思議なお話」(文踊社刊)がある。 森出じゅんのハワイ不思議生活 http://blog.goo.ne.jp/moridealex

関連講座
メンバー登録してアロハプログラムを楽しもう!

ハワイについて学ぶならまずはメンバー登録がおすすめ!