講座詳細

受講履歴を確認する
所用時間5min
2015.09.17

マウイ1「マウイ、島々を釣り上げる」「ココナッツアイランドの伝説」「マウイ、天を持ち上げる」

半神半人マウイはハワイの英雄。多くの武勇伝、冒険談が伝わっている

  • 心優しく力持ちのマウイはハワイの英雄。
  • 人間を助けるために尽力した。
  • ポリネシアのほかの島々ににもマウイ神話が残る。

「マウイ、島々を釣り上げる」
マウイは純然たる神ではなく半神半人。母は世にも美しい女神、ヒナとされています。5人兄弟の末っ子のマウイは大変な母親思い。ヒナが困っていると、助けるのは決まってマウイでした。また母に限らず、人間の手助けをたくさんしたことでも知られます。ハワイだけではなくポリネシア中に、その偉業の物語が残っています。
 

たとえばハワイ諸島そのものも、マウイが大海から釣り上げたものなのだそうです。
 

大昔のこと。マウイは兄弟達とよく釣りに出かけていました。ですがマウイと一緒に海に出かけることを、兄達は嫌がっていました。マウイはあまり釣りが得意ではなかったからです。
 

そんなある日のこと。あの世に出かけて行き、先祖の手助けによって魔法の釣り針を手に入れたマウイ。それはマナイイカラニと呼ばれ、どんな大きな獲物も捕まえる、夢のような釣り針でした。マウイは張りきって兄達を誘い、カヌーでどんどんと沖に出て行きました。
 

しばらくすると、マウイの釣り針に手応えがありました! その魚はずいぶん大きいよう。グイグイと、釣竿を引っぱります。「かかったぞ!」。マウイは喜び勇み、兄達にカヌーを早く漕ぐよう、頼みました。そうしてどんどん引っぱると、やがて獲物が水の上に姿を見せました。それは何と、大きな陸地でした! 魔法の釣り針は大陸を、大海原の底から引きあげたのです。
 

兄達も獲物を見たがりましたが、マウイはよそ見をしないでカヌーを漕いでほしい、と懇願しました。ようやく、獲物をしっかり釣り上げたと思ったその瞬間。兄が獲物を見ようと振り返ったので、カヌーが大揺れ。獲物がバシャーン! と海に落ち、8つに砕けてしまいました。
 

その8つのかけらが、今、ハワイ諸島の主要8島として知られる島々とか。もしも大昔、マウイの獲物が海に落ちなければ…。今頃ハワイは、大きな大陸として存在していたかもしれません。
 

ココナッツアイランドの伝説」
「マウイ、島々を釣り上げる」の物語と関連性のある伝説として、ハワイ島ヒロ湾に浮かぶ小島ココナッツアイランド(モクオラ)の伝説が知られています。この島は、マウイの釣り針によってヒロ湾に引き寄せられたのだそうです。
 

昔、ハワイアンはカヌーによって島々を旅したわけですが、時間がかかり、人々が難儀しているのを見たマウイ。「島々がくっついていれば、もっと旅が楽になるのに…」と常々考えていました。
 

その当時、マウイはハワイ島に住んでいました。そこでマウイはハワイ島各地から力自慢の男達を集め、言い渡しました。「これから島々をカヌーで引き寄せて、一か所に集めることにする。まずは隣にあるマウイ島をここに引っぱってこよう」。
 

さっそくマウイが魔法の釣り針をマウイ島に引っ掛けると、力自慢の男達が乗ったカヌーに向かって命令しました。「どんどん引っぱってくれ! ただし絶対に、後ろを振り返ってはいけない。釣り針の魔力が薄れてしまう」。
 

男達がマウイの言いつけ通りにカヌーを漕ぐと、マウイ島がぐんぐん引き寄せられてきました。そしてもう少しでハワイ島にくっつく…というその時。男達の一人が後ろを振り返ったために魔法が解け、すぐそこに迫ってきていたマウイ島は、元の場所に戻ってしまいました。
 

その際、釣り針が引っかかっていたマウイ島の先端だけはヒロ湾に残り、今ではココナッツアイランドとして知られています。

ハワイ島ヒロ湾に浮かぶココナッツアイランドは、昔マウイ島の一部だった?

「マウイ、天を持ちあげる」
今のように空が高くなったのも、マウイのお陰とか。次のような物語が残っています。
 

昔々。マウイが子供だった時代は空がひどく低く、人々は腰をかがめて歩かなければなりませんでした。木々は空につかえ、横に曲がって伸びる始末。太陽も人々のすぐ上で輝いていたため、人間達は暑くて暑くて、いつもぐったりしていました。
 

そんな人々の様子を見ながら、「何か手を打たないとならないぞ」と毎日考えていたマウイ。ついにある日、自分で空を押し上げることを決意しました。そこでマウイは肩にグッと力をこめ、空をひと押し。空が少し高くなり、人間が立ち上がって歩けるようになりました。
 

さらにマウイが両腕に力を入れて空を押し上げると、空はいっそう高くなり、横に曲がっていた木々がピン! とまっすぐ背を伸ばすことができました。最後にマウイがもう一度押すと、空は遥か高くなり、壮大な山々が姿を現わしたのでした。
 

こうして世界は広々として明るくなり、人間達は大喜びした…ということです。

付帯的な情報・発展情報

ハワイ諸島中、神もしくは人の名前のついた島はマウイ島だけ。 南北の2島からなるニュージーランドにも似通った神話があり、北島はマオリ語でテ・イカオ・ア・マウイ(マウイの魚)、南島はテ・ワカ・ア・マウイ(マウイの舟)と呼ばれています。

関連コンテンツ
クムリポ以外の天地創造
聖地モクオラ(ココナッツアイランド)

  • 森出 じゅん
    Jun Moride
    担当講師

    【インタビュー動画あり】
    オアフ島ホノルル在住。横浜出身。青山学院大学法学部卒業後、新聞・雑誌・広告のライターとして活動。1990年、ハワイ移住。フリーランスのジャーナリストとして活動する傍ら、ハワイの文化や歴史、神話・伝説、民間伝承を研究中。単に「美しいハワイ」にとどまらないハワイの奥深い魅力、真の姿を日本に発信すべく、執筆を続ける。イオラニ宮殿日本語ドーセント(水曜日担当)も務める。著書に「ミステリアスハワイ」(ソニー・マガジンズ刊)、「ハワイの不思議なお話」(文踊社刊)、「やさしくひも解くハワイ神話」(フィルムアート社刊)がある。
    森出じゅんのハワイ不思議生活 http://blog.goo.ne.jp/moridealex

関連講座
メンバー登録してアロハプログラムを楽しもう!

ハワイについて学ぶならまずはメンバー登録がおすすめ!